自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターには

同時に多数の車買取会社のスタッフに出

同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。

相見積もりをしてもらうと何が得かというと、皆に価格競争をしてもらって査定額を引き上げることです。

買取業者の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、相見積もりに難色を示さないところは是非とも手に入れたいと考えている業者が多く、価格競争が激しくなると思って構わないでしょう。ちょっとでも中古車の査定額をアップするために効果的な方法といえるでしょう。

自動車のオーナーにかかる「自動車税」というものは、車の所有車に対して一年分の請求が来ます。

そして毎年4月1日の時点での所有車に対してかかってきます。しかし、車売却の時には、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り戻ってくる制度があるわけではないのです。還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額を査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

自動車重量税については査定士と要相談ということですね。車の買取査定をする場合、その時期や依頼業者によっては数十万円の差がついてしまう場合もあります。日頃から車内部の手入れや傷や凹みを付けないように心掛けることも肝心ですが、少しでも高い価格で買取してもらうノウハウは、いくつかの買取業者に依頼し、その価格を比較検討することです。トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、約10000キロと見積もるのが一般的です。総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、これが10万キロともなれば過走行車扱いで値段がつかないこともあります。ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化していることも充分考えられるからです。

当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、売る方からみても高値で取り引きできるチャンスです。車の需要が高ければその分供給が必要になるのは必須ですから、同時に買取価格も連動して上がるのです。一般的に会社の決算月である3月と9月は中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。9月は決算月であることに加えて、夏のボーナスが出ていることもあり車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。事故にあった車の時は、高額な修理代を支払っても、事故をする前と同じ状態には戻せないことも多々あります。

事故の際、車が受ける衝撃により、フレームがゆがんでしまうと、完璧には修理できないこともあります。

事故車を修理するのにお金を使っても、事故車両を専門に買取している業者に売り払って、新車を購入する方が安全安心です。

買取業者などが中古車の査定をする場合に査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

でも、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、小型車、それから大型車に分かれているのです。

技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと取れませんから、この資格を持っていると言うことは、ある一定以上の経験や技能があるということの証明になると言って良いでしょう。

個人で売却する場合にはトラブルが起きやすいですが、車査定だとトラブルの心配はありません。個人で売却した場合には、車を渡したのに、代金を回収できなかったり、お金を支払ったにも関わらず車を明け渡してもらえないという危険性があります。売却が終わった後に購入者からクレームがくる可能性も高いです。

過去に修復したことがある場合などは車の査定において重要な確認事項です。

骨格部分に関する修理や交換をしたことのある車は、評価がとても下がります。たとえそれがわかっているにしても、隠してもすぐに判明してしまうので、正直に話をしてください。

隠したりごまかしたりすると良いイメージを持ってもらった方がいいですので、正直に話しましょう。

中古車査定をしてもらうためには、買取業者やディーラーに車を持って行きます。

そして、査定してもらうわけですが、複数の業者を回ってから、それぞれの査定額を比較した上で売却を決められたら良いと思います。尤も、概算価格を予め教えてもらえれば助かりますよね。メールオンリーでの連絡が可能な業者を調べてみたら、思ったよりたくさんの業者が対応してくれます。余分な費用もかかりませんし、一度、メールでの査定をするのが良いと思います。