普通車は車査定で売って、高級車はネットで売ること

車体が事故になっていた場合、十分に修理をした後も査

車体が事故になっていた場合、十分に修理をした後も査定を受けても、事故前と比較して査定金額が大幅にダウンすることを査定落ちと言っています。

格落ち、評価損とも名づけられています。

ちゃんと修理をして、性能面においては問題がなくても、事故車というマイナスの印象だけで査定落ちになってしまうこともあります。

車査定とディーラーによる下取りでは、どちらがより高く買い取ってくれるのでしょうか?車の状態や車種、需要の高いものであれば、車査定の方が高い価格で買い取ってくれる可能性があります。ディーラーの下取りは一律の標準査定価格を基にしていますから、愛車の状態や色は無関係な事も多いですし、新車の値引きを含んだものが提示されるケースも少なくないので、交渉が難しくなり、愛車の価値がはっきりしません。ということで、車の処分については、ディーラー下取りよりも車査定の方がお得な選択だと言えるでしょう。

雪が積もった日、車が滑り、前部を電柱に衝突させてしまいました。エンジンにはかろうじてダメージが発生しなかったのですが、そのような状態でも事故車扱いに変化してしまうでしょう。バンパーばかりでなく、フロントのフレームの修復を行う状況となったため、多額の修理代金が掛かってしまいます。