車を業者に売る場合は、なるべく高い金額で売

自家用車の買取そのものには手数料やサ

自家用車の買取そのものには手数料やサービス料などはかかりません。

ただ、車両の名義を変更する必要がありますから、売主でなく買主側で変更するのが慣例になっていますから、買主は代行手数料という形で支払います。払うくらいなら自分でするという人もいますが、新しい所有者が揃える書類(車庫証明等)も必要ですし、お互いに予定の調整や連絡が煩雑になることから、結局は依頼する人が多いです。

代行手数料は買取価格から差し引く形が多いようです。

そうでないときは、契約書にサインしたのち、営業担当者に支払う場合もありますし、現金の扱いを禁止している会社では後ほど指定口座に振り込むことになります。それと、売却には元の所有者の印鑑証明書と住民票が必要なので、その取得費にそれぞれ300?500円程度が必要になります。

ディーラーへ中古車の下取りをしてもらう際には実に、たくさんの書類が必要になるのですが、自動車納税証明書もその一つとなります。

万が一、納税証明書を失くした場合には、税事務所等で、再発行をしてもらうことになります。

自動車の関連書類は、紛失しないようにきちんと保管しておくことが大切です。

ホンダフィットは、低燃費でありながらも、パワフルな走りで楽しめる今最注目の普通車です。

結構、街中にあふれている大衆車というグループで安心感も十分ありますね。この車の珍しいところは、見た目がコンパクトなのに車の中は広々しているというユーザーにとって使いやすいことです。